« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月27日 (土)

宴会・リアルタイム

宴会・リアルタイム
本日、年に一度の高校時代の友人達との女子会で、隣町の某お店に集っております(はて?子連れでも女子会と言うのかしらん?)。
今回のお店は初めて行く場所で、道がイマイチわからなかったので、いつも幹事やってくれてるwhoに尋ねたら、長女ちゃんが描いてくれた地図をメールで送ってくれた。大体場所はわかったんだけど、それでも不安なので今度はりぼんに連絡。そしたら一緒に行ってくれる事になって、途中で待ち合わせてりぼんの車の後ろをついて走ることに^_^;。私、初めて行く場所って凄く不安になるんですよ。おまけに車の運転そんなに上手くないしね。だから前もって地図で大体の場所がわかって、更に前を走って連れて行ってくれて凄く助かったわ。アリガトね、who、りぼん(^-^)v
それにしても、去年もそうだったけど、子供っちがいるとにぎやかだわ〜。って、独身なのは私だけなのね〜( ̄▽ ̄;)。
因みに、今回は総勢7名です^_^;。

家に籠っていると(職安や買い物には出掛けますけどね;)精神的にもしんどくて、だけどなかなか良い仕事が見つからなくって…。だから時々思いっきりストレス発散したくなります。たまにこんな食事会があると、ホントに嬉しくなります。
久しぶりに皆に会えて、おしゃべりして、美味しいお料理沢山食べて、楽しかったよー(^o^)。
できればカラオケも行きたいよー!

それにしても、早よ仕事見つけな、もうかれこれ一年になるわ…超ヤバイやん(・・;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

無花果に、酔う

BUDファンの皆様、この夏、無花果はお召し上がりになられましたでしょうか?
無花果と言えば「酔狂果」。BUDに出会う前はただ単に『美味しいなぁー』と食べてるだけでしたが、今と昔では無花果への思い入れが微妙(?)に違っています…。今は食べる度に顔がにやけてしまうのです〜!
そう、大好きな「酔狂果」を思い出さずにはいられないからです〜(>▽<)
このお話、めっちゃ好きなんです!!
無花果の花精の憂いをはらし迷いを断ち切るため、その身には危険な甘い果実を何度も口に運び、そして酩酊する妖艶な蕾!そんな蕾の姿を見たら、無花果の花精でなくとも蕾が欲しくなっちゃいますよね〜///▽///
そして東雲さんを慌てさせた花精さん!グッジョブ!!です(>_<)ホントはもっともっと動揺してほしかったけどね(^.^)。
そして蕾のこのセリフにノックアウトォ!!
『オレは花将 花を守るものだ そのためにはいつでも命を捨てる…どの花のためでもだ…』
『必要ならばオレはいつでも おまえだけのために……死んでやる…』
『…オレの命では…不服か…?』
この時の蕾の眼差しがたまりましぇーん!!
もぅこんなこと言われた日にゃあ!イチコロ(死語)よぉー(>.<。)迷いなんてぶっ飛んじゃうわよー!
(´Д`;)ハアハアハア…
何度読んでもいいわぁ〜(>_<)。

人間は無花果食べてもあんな風には酔えないけど、私は今日も無花果を食べて、蕾の『想い』や東雲×皇女蕾に思いっきり酔ってしまいました。


ところで、最近ウチの「東雲×皇女蕾」を気に入って下さった方のご訪問が増え、とても嬉しく思っております。励みになりますです。はい。
現在は携帯更新なので、長編は無理なのですが、それでも頑張ってお話書かなきゃーなんて思っております。出来れば定期的にSSをup出来れば良いなぁ〜とも思っております。そこで、なんですが…。お願いです。よろしければリクエストなんぞ頂けたらな…なんて^^;
「こんな東雲×皇女蕾が読みたいな♪」なんてありましたら、コメ欄でもメールでも結構なのでどうかお聞かせ下さい!但し、裏ネタは記事にup出来ませんので、希望者にのみメール配信するという形になりますが^_^;。
リクエスト頂けたら精一杯頑張って書かせて頂きますので、宜しくお願いいたしますm(__)m

「花筵亭異聞」さんはコチラ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://miyamasumire.blog.fc2.com/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

歌います

最近、懸賞の方がサッパリなので、また歌ってみたいと思います。聴いてください。
「翼○ください」の替え歌で「ハガキをください(改)」


♪今 私の願い事が

 叶うならば

 ハガキがほしい

 この机に雪のような

 白いハガキ

 積んでください

 エステが付いた

 温泉旅行

 当てて行きたいよ

 現金 家電 高級食材

 月に2〜3個は

 当てたい♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »