« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月27日 (金)

飛脚は夜来る

飛脚は夜来る
昨夜、「ビトイーン&ピングーといつもいっしょ!2012HAPPYキャンペーン」のB賞、ピングーオリジナルランチボックス&マグセットが届きましたー(^O^)
A賞は何だったか忘れちゃいましたが、この懸賞、対象商品のバーコードナンバーを記入するもので、しかも店頭にある専用ハガキだと切手がいらないものだったので、数口を日を分けて応募しました。
B賞は欲しかった賞品だったので、当たって良かったです(^-^)v

達人にもなると、ほぼ毎日何かしらの当選品が届くそうなのですが、応募する量もハンパなく、月に100〜150件にもなるようです。懸賞情報が多い、ってのもあるのでしょうね。羨ましいです。
私も達人目指して、もっと頑張らねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

紫雲英の花精といえば…

「色難季」も好きなお話のひとつです。折しも今は紫雲英の季節。
このお話しで蕾は紫雲英の花精に変装してましたが、果たして蕾は素直に変装したのでしょうか?妄想が広がります。


 * * * * * *

「どうやって敵を誘き寄せるかだが…」
「紫雲英の花精に変装するってのはどうだい?」
「オトリか…。よし、お前が紫雲英の花精に変装しろ」
「ちょ…何を言ってるんだい。敵は処女花を狙ってるんだよ。私じゃ成熟した大人の花精になってしまうじゃないか。それに私は緑精。花気のない私じゃすぐに敵に気付かれてしまうよ」
「うむむ…ではどうしろと?」
「きみが紫雲英の花精になればいいんだよ」
「なっ…何をばかな事を!?このオレに女装しろというのか!?」
「出来ないとは言わせないよ。皇女舞の時はうまく化けてたじゃな…(バキッ!)」
「/////」
「と、兎に角、きみは御大花将、花を守るのが務めのはずだ。そのきみがやらなくてどうするんだい!?」
「し、しかしだなぁ…」
「ほらほら、ごちゃごちゃ言わないで、ささっ」
「ううっ…;;」
   ・
   ・
   ・
「…誰…?」(この時の顔が見てみたーいo(≧▽≦)o)

 * * * * * *

となったかどうかは定かではありませんが、きっと東雲の脳内はこんな感じだったでしょう。

  ↓↓↓

『処女花…なんてきみにぴったりな響きなんだ…(ウットリ)』

なーんてね(^_-)-☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

進行状況

最近、とあるBUDサイト様が復活されたとか…。新しいサイト様が誕生するのも嬉しいですが、休んでおられたサイト様が復活されるのも喜ばし事ですね。これでまたBUDの花が咲いて賑わうんだと思うと、嬉しくてなりません。ただ、お邪魔出来ないのが残念です(T_T)

現在、「麗しき花の名は」の続編、「捧ぐ想い」を書き始めています。蝸牛の歩みのようにスローペースではありますが、一応頑張っております。難点は書き進めるにつれて、最初思っていたのとは違う展開になってしまうこと。大体のあらすじは出来ているのですが、どうしても書いている途中で展開が変わってしまったりします^^;悪い癖です。兎に角、一日でも早くお目にかけられるよう、頑張ります(と、自分を追い込んでみる・笑)。衝撃のラストもご用意しておりますので、楽しみにしていて下さいね〜(^-^)v

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

75巻

「コ○ン」の75巻を買(こ)うた。そう言うたら何日か前、実写版ドラマの「コナ○」やってたなぁ。服部くんが出るっちゅーんで、どんなんかな?と思てちょっとだけ見てみてんけど…。

たまにマンガとかドラマで関西弁喋るキャラが出てくるけど、どれもなんか妙な関西弁喋ってて、「どこの人やねん」ってツッコミ入れたなる程変な関西弁喋るキャラばっかりやから、ドラマの服部くんはどんな感じなんやろ?って思て殆ど最後の方やったけど見てみた。
ん〜、やっぱりなんかヘンや。原作とアニメの方の服部くんの関西弁(ちゅーか、河内弁ぽいトコもあるけど)がめっちゃ完璧やから、そう思うのかも知れへんけど、なんで普通のドラマとかの関西弁ってあんなにヘンなんやろう。そうすると原作者の青山さんとか声優の堀川さんはすごいわー。めっちゃ忠実やもん。せやから「関西弁」もうまいこと事件に絡められんねんな。
せやけど和葉ちゃん…アメちゃんカバンに入れるようになったら、もうオバチャンやん(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

こんなBUDBOYはイヤだー!

登場人物が、全員花粉症。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »